カテゴリー
Uncategorized

そもそも俺はだれ?第1話

高所作業研究室室長のKENです。

と、いつも変わらぬ挨拶から始めてますが…そもそもお前はだれ?って思いませんか?

私自身はあまり過去に興味がないので、あまり色々振り返ることはないのですが、そもそも俺はなんなんだと思い。

自分の過去のイベントを整理してみよう!と…

ということで、簡単に人生のストーリー書いていきま~す。

※恐らく興味ない方からするとマジでつまらんと思うので、読むのはここでSTOPしてください。

どこまで遡るかな~。

高校から大学と体育会陸上部で800mという、めっさキツい競技をやっていましたが、ろくな成果は残せませんでした。

分岐点は高3のIH神奈川県予選を通過できんかったところ辺りだなと思います。

マジで勝負弱いのです。

県大会直前に県トップタイムを叩き出し、意気揚々と県大会に出場しましたね~。

1次・2次予選は無事通過したが、帰宅後39度の発熱(笑)

翌日、準決勝はぼろぼろながら何とか通過。

決勝は…ラスト直線で6位、7位争い…競り負けて…関東大会行けずW

当日はかなり凹みましたが、結局笑うしかない結果でしたな。

結局、中途半端にやり残した感を持ちつつ大学進学、そのまま競技は続けたものの、周りの選手はほとんどが高校で全国区の活躍をしたメンバーばかり。

必死についていくが、結局大学2年時に大きな怪我でほぼ競技人生終了。

大してやりたいこと見つからないまま就職活動開始。

2000年3月卒業なので、マジで氷河期。

就職氷河期世代に支援?平均給料を調べたら驚く結果に | 経験者が ...

何とか2社内定を頂き、その内1社に就職する運びとなりました。

最初に就職したのは、内資系製薬会社でした。

医療用医薬品の営業としての採用でしたね。

営業するために、MR(医薬情報担当者)資格が必要なため、本社に約3ヶ月缶詰で勉強。何とか資格を取得し、最初の赴任は…北海道函館市!!

いや~一人暮らしは楽しかったっすね。

函館では渡島半島の半分が自分の担当エリアという広大な敷地を頂き、ドライブ三昧でしたね。

主に回っていたのは、内科、整形外科、眼科ってところです。

ここで今思うと若気の至りだったなぁと言う出来事発生。

同じ病院を担当している他社の営業マンから「うちの会社に来ない?」と声を掛けられテンションMAXで乗っかってしまいました。

と同時に当時付き合っていた彼女と結婚。今のかみさんです。

そして、結婚してすぐにかみさん妊娠。

と、色々と大きなイベントが大量にかなりやる気は満々な状態でしたね~。

さて、意気揚々と外資系大手の製薬会社に転職し、まずは取扱い製品の勉強と製品に関わる病気について社内で講習を繰り返すスタートでした。

と….あることに気づきます。

自分の身体に出ている症状が、いま勉強中の病気の初期症状とまったくもって一致。

まぁ、あれっす。『うつ病』っすね。

ということで、『うつ病』発症!!まずい…転職したばかり、結婚したばかり、かみさん妊娠したばかり…。

あまりに始めたばかりが多い為、会社にも、嫁にも相談出来ず、症状は悪化の一途をたどるばかり。

会社の端末で、自社の営業マンが訪問していない病院を探し、受診し薬を処方してもらうが、全くもって改善傾向なし。

そうこうしてると、人としゃべるのが怖い、病院で医者を待っている時間に冷や汗が止らない…寝れない…。

まぁこの辺まで来ると会社にも妻にも言うしかないっすよね。

覚悟を決めて上司に相談し、3ヶ月の病気休暇を頂き一安心。

と思いきや、安心したのは最初の1週間だけ。その後は、転職したばかりで仕事をしてないこと、結婚したばかりだということ、かみさんのお腹はでかくなって行くこと等々で、休んでいるのも超苦痛。

どうにもなりませんね。

3ヶ月を待って、見切り発車で仕事に復帰。なんだかんだ誤魔化しつつ営業活動を続けるが、瞬く間に悪化W

そして長期休暇。

を数回繰り返すが、子供も生まれてしまっとるし、もう限界。

かみさんと相談し、退社し、一度実家のある横浜に戻ることとなりました。

とまぁ、自分の能力の度合いを見誤った、自業自得の展開となりました。

この時、年は26歳を迎えるタイミングでした。

子供とかみさんを連れ、実家に戻りしばらく静養させてもらいました。

と言っても、仕事辞めとるし、いつもまでも働かん訳にはいかんと言うことで、再就職先を求めて就職活動再開。

従前と同じ業界だと家族も心配の様だったので、別業種で探すこととなりました。

就職出来たのは『不動産』会社。

電鉄系の比較的硬い感じの不動産会社に就職し、不動産売買の営業をスタート。

6月に入社し、「11月位に『宅建』の試験あるから資格とってね。」と上司は言う。

『はい』と言うしかないですよね。

で、資格取りました。

すごい営業成績を上げるわけでもなく、とりあえず家族を養える程度の仕事を続けながら毎日過ごしてました。

と言うのも、仕事に復帰したものの、いまいち精神状態はあまり良くない状態が続いていました。

自分が壊れない程度に働いていましたが、この状態でいいのかはかなり悩んでましたね~。

3年ほどたったある日、かみさんがこんなのあったよと持ってきたのは、いまは無き『ガテン』という、職人系求人のフリーペーパーでした。

「営業じゃなくて身体動かす仕事してみれば~」とかみさんに言われ、ほうほうほうと思わず手に取ってしまいました。

これ考えると、うちのかみさん強いっす。よく考えりゃこの時点で2児の母ですもん。母は強いっすね。

と、不動産の営業に行き詰まりを感じていた私は試しに面接だけ受けてみようと、とある会社に問い合わせ。

面接時に色々と事情はお話ししたのに何故か採用の連絡W

これは縁だ!と思い、周りの方にご迷惑が係らぬよう転職の準備を進め、2ヶ月後位に整理をつけ転職しました。

この時点で3回目の転職Wそれも全く違う業種W

次に行く会社が今の私に大きく繋がっているので、ここから先は次回にします。

書いてて不思議。自分の過去を書いてみようと思って書き出すと色々と思い出すもんだなぁ~と。

それではまた次回お会いしましょう!! adieu

「そもそも俺はだれ?第1話」への1件の返信

読ませて頂きました。
過去を振り返るのは、凄く大切だなと
改めて思いました。凄く勉強になりました。
早速、過去のこと振り返ってみようと思います。
次回も、楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です